プチドラを活用して自主学習|おすすめの通信講座

笑顔

グローバルに

学習

英語力を鍛える成果を見せるところというものは、にほんでは、定期的に行われているテストをうけたりするのが一番の近道なのですが、一般的に有名なテストというものはどういったものがあるのでしょうか?それは、TOEFLというものです。TOEFLというものは、英語の認定試験というものなのですが、この認定試験をうけて受かることによって、外的に自分の英語力というものを示すことができるのです。TOEFL対策をするためには、塾や学習塾に通わなければいけませんが、どういったところに通えばいいのかということはわかりません。ですので、ここでは、TOEFL対策の方法だけではなく、どのような認定試験となっているのか、その基本的な知識からご説明していこうと思っています。そしてTOEFLにしっかりと合格して、就職活動やいろいろな活動に役立てていきましょう。そもそもTOEFLというものは、どういったものなのかということからご説明していこうと思いますが、このTOEFLというものはiBTと、CBT、そしてPBTの3つの種類があるのですが、それが割と混合されがちになっています。この3つの種類を混同してしまうと、テストの対策というものにたいしてもまた違ったものになってしまいますんで、まずは3つの理解を深める必要があります。TOEFLのPBTというものは、60年代にはじめて実地されるようになってからというもの、はじめはずっとこのPBTでした。これはどういったものなのかというと、リスニングテスト、文法のためのテスト、そして最後にリーディングのテストというものです。この3つのセクションのテストに合格すれば認定されるというものだったのですが、それぞれに点数があり、それは31~68です。この点数というものを足して3で割った数字というものにたいして10をかけることで、だいたい600くらいまでのスコアをもらうことができます。この基準の点数をもらって、就活や大学に進むときの基準としているのですが、一般的にこれだけとればいいといわれているものは、600くらいは必要といわれています。学部では、iBTというものは80は欲しいといわれています。平均的には550以上あれば大丈夫というふうになっているのですが、つづいてCBTというものはどのようなものなのでしょうか・CBTというものは、Computer-Based Testというもので、セクションなどは一緒なのですが、なにが違うのかというと、ようはパソコンですることができるようになったということです。違いといえばまぁこれだけのことなのですが、その代わりにライティングというものが必須になりました。ですので、それぞれの文法のセクションにもライティングをしなくてはいけませんので、書きという面では少し難しくなったかもしれません。各スコアの点数から平均をだして、その人の点数にするということは変わっていませんが、これも、学校や企業によっても何点以上は必須などといわれているラインがあります。

Copyright© 2016 プチドラを活用して自主学習|おすすめの通信講座 All Rights Reserved.